ひまつぶし

ひまつぶしに書いているブログです。

ニンテンドースイッチ用に1TのmicroSD購入!データの移行と再ダウンロードは時間が掛かる!

f:id:CooRoot08:20200929201613j:plain

ついに1TのmicroSDを購入!
ニンテンドースイッチ用に買ったのだが、
これまで使っていた512Gのでは容量が追い付かなくなってきたので
最近になって値段が3万円を切ったので1Tに買い替え。


自分はamazonのjnhショップというところから購入。
サポート面に関しては整っているところなので個人的にはオススメ。

 

 

f:id:CooRoot08:20200929201453p:plain

ニンテンドースイッチは1TのmicroSDを認識しませんでした、
なんて頭を抱えたくなるオチにはならず、しっかり認識。
しかし、パソコンを経由して512G分移動させようにも
どえらい時間が掛かってしまうため、
セーブデータのみを移してゲームは再ダウンロードを試みることに。

 

 

f:id:CooRoot08:20200929201456p:plain
・・・が、それからのことは?
単純にダウンロード時間を調べてみたところ、
30時間あってもダウンロードが終わらないぐらい!
これでもダウンロードするゲームは結構絞ってるのに・・・。

 

 

f:id:CooRoot08:20200929201501p:plain

しかもダウンロード本数は限度があるので、
全部再ダウンロードを選んでおけばいいわけでもない。
もっと速い回線が欲しい・・・欲しくない?

 

 

f:id:CooRoot08:20200929201629j:plain

小鈴バージョンのすくすくぬいぐるみと戯れながら待っているが、
再ダウンロードにしても、500Gを一度PCへ移してから
1TのmicroSDへ移すにしても1日分の時間は軽く使ってしまう。

一番上のパッケージ画像を見ての通り転送速度は速いはずなのだが・・・。

ハイキングはドア・トゥ・ドアとはよく言ったものである。


メディアを買い替える時、データの移行は容量が大きくなるごとに
えらい時間が掛かるようになってくるな!!

しかしダウンロードし放題はテンションがあがってくる。

自分のニンテンドースイッチは不死身だ!

 

にしても、microSDのこんな小さなサイズに1Tものデータが入るって

技術のパワーは恐ろしいものだ・・・。2Tとかもいつか出るんだろうか。

 

 

不思議の幻想郷 ロータスラビリンス、大規模工事が発表!!

f:id:CooRoot08:20200928004446j:plain
アクアスタイル公式生放送を見てみた。
自分としてはロータスラビリンスを長い間放置していて、
今になってどう手を加えてくるのかと思いながら。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004459j:plain
それで生放送をフルで見たところ、
ロータスラビリンスが完全に別ものと言って良いぐらい
変更点の塊を挙げられていた。
代表があれはダメこれもダメとロータスラビリンスを再プレイして
イラッと来た部分を徹底的に磨き上げていた。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004512j:plain
これまでは仲間全員出撃させられるものの
その分UIがごちゃごちゃになっていたのを、
一度に出られる仲間の数に制限は設けられるが
小隊制度にしてUIをスッキリさせて見やすくしていた。
ログも短縮されたりフィルターを入れられるようになって
見たい情報をすぐ見られるようにしていたり、
仲間が無個性だったのを取り外し不可のスキルカードや
リーダースキルの導入で上手いこと個性を付けてくれていた。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004514j:plain

状態異常アイコンもパッとみて全然わからなかったが、
メニュー画面を開けば左に名称や状態が表示されるようになったり
あしもとコマンドが下に来たり、弾幕も右スティック操作で変更できたり
チュートリアルの華扇道場追加と、操作のしやすさから初心者の受け皿があった。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004532j:plain

個人的に驚いたのはコンティニューが追加されたこと。
ロータスラビリンスは でかいフランやキスメによる一撃即死、
天子の射程無限の地震攻撃などでどうしようもないことがあったが
こうした能力をわからないうちに即死させられたり
ボスの状態異常完全無効化特性+全体即死攻撃などで
身代わり人形複数詰みするしかなかったロータスラビリンスのボス戦も
多少は初心者でも戦いやすくなると思われる。
バランスも手が入るからアップデートされて即死まみれにはならないと思うが。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004535j:plain
新生ロータスラビリンスこと、ロータスラビリンスRは
下地にはなっているが完全に別ゲーとして制作されており、
ストーリーにも手が加わり、アイテムの種類も余計なものは削除と
徹底的に違うからかセーブデータの互換は無し。
ただし、ロータスラビリンスのキャラクターDLCだけは互換があるとのこと。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004554j:plain
どれぐらい居るかはわからないが、
ロータスラビリンスRが来てもロータスラビリンスでも遊べるので
仲間が大量に居るごちゃごちゃ感をたまに浸りたくなったときには嬉しい。
自分もなんだかんだで仲間がたくさん居て画面を埋め尽くすのは好きだったからね。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004556j:plain
キャラクターも多数描きおこされ、ようやくパチュリーが立ち上がったり
不思議の幻想郷TODRでプレイアブルだったキャラは
立ち絵が使いまわされていて素手のまま突っ立っていたが
固有の立ち絵を用意されてキャラに似合った道具を手に持つようになった。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004610j:plain

生放送で少し見せただけの範囲でも何度かバグって
実際に実装できるかはわからないと言っていた機能として、
仲間キャラ全部のプレイアブル化を披露。
正確にはリーダーに設定されたキャラに操作権を変えるものだが
どのキャラでも操作して遊べるのはかなり面白そう。
配信ではレミリアでアイテムを使ってもボイスがちゃんと入ってたり
弾幕もキチンと使えてた。ちなみに代表は開発メンバーからクッソ怒られてた。

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004613j:plain
そして鬼形獣の面々も参戦が決定!
これ鬼形獣フルメンバーじゃねーか!
東方天空璋よりも先に全キャラ揃ってる!

 

 

f:id:CooRoot08:20200928004200j:plainf:id:CooRoot08:20200928004204j:plainf:id:CooRoot08:20200928004207j:plain

f:id:CooRoot08:20200928004210j:plainf:id:CooRoot08:20200928004214j:plainf:id:CooRoot08:20200928004218j:plain

ロータスラビリンスRになって変更される点を全部挙げていたが、
とんでもない量! キャラ詰まりも直せると言ってたからありがたい。

 

代表が生命保険に入り、家を担保に入れて制作費を確保とか
ちょっと笑いにくい話もしていたが、
ロータスラビリンスでやらかしたことを深く反省していて、
そのうえでRをしっかりしたものとして作り直す意気込みは感じた。

今さら遅いと思われていることも承知の上で

 ロータスラビリンスの時にイキり散らしていたこともメチャクチャ反省してた。


Rが来たらちゃんと遊んで、
面白ければ自分のできる範囲で広めるからぜひとも頑張ってくれ!

 

 

 ↓はこのブログで書いてきたロータスラビリンス関連の記事。

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛らしいが骨のあるリズムゲーム!東方リズムカーニバル!紅

f:id:CooRoot08:20200923183234j:plain
今回紹介するのはPC用の東方二次創作ゲーム、
東方リズムカーニバル!紅。
自分はメロンブックスでダウンロード購入した。価格は税込み1571円

 

 

f:id:CooRoot08:20200923183236j:plain
ゲーム的には リズム天国そのもので、
ステージを選んだあとはリズムゲームに移行する。

 

f:id:CooRoot08:20200923183306j:plainf:id:CooRoot08:20200923183256j:plain

リズムゲームはどれも可愛らしい絵柄で行われる。
使われているBGMは当然 東方Projectのものが使われていて、
様々な楽曲がアレンジされている。
タイミングはシビアだが、リズムに乗ってボタンを押せば
スムーズにゲームが進行するのもリズム天国と同じ。

 

 

f:id:CooRoot08:20200923183330j:plain
射命丸文の取材と言う扱いであちこちを見て回る体なので
リズムゲームが終わったあとに こうした射命丸からの
ワンポイントレッスンや一言コメントが挿入される。

 

 

f:id:CooRoot08:20200923183339j:plainf:id:CooRoot08:20200923183352j:plain

これまたリズム天国と同様、
ゲームの成績によってリザルト後の1枚絵も変わってくる。
ボロクソな成績でも面白いイラストが出てくるため、
初見で上手くいったとしても1回は低い成績で終えてみよう。

 

 

f:id:CooRoot08:20200923183421j:plain

チュートリアルも備え付けられているので
どのボタンを押せばいいかわからないことはない。
ただ、AボタンやBボタンと表示されるので、
そのあたりは事前にキーコンフィグをキチンと設定しよう。

 

 

f:id:CooRoot08:20200923183423j:plain

BGMもキャラのアニメーションも良く出来てて
プレイしても見ていても楽しいのだが、欠点もある。
それはチュートリアルが画像形式しかなく、
リズム天国のように実践タイプのではないこと。

 

 

f:id:CooRoot08:20200923183217j:plain
曲もボタンを押すべきリズムが強調されているわけでもなく、
実際にプレイできるチュートリアルもないので
いざゲームが始まってどのタイミングでボタンを押せばいいのか
よくわからず、それを掴むまでボロボロな成績になることが多い。


リズムより速い・遅い時にボタンを押して失敗しても
両方とも反応が同じなので失敗した要因が わからないのも難点。
判定がリズム天国よりも狭いのもあって、かなり高難易度。
ステージの解禁は累計スコアなので低スコアのままだと
全部のリズムゲームは遊べない仕様だから なかなか大変。

 

 

f:id:CooRoot08:20200923183213j:plain

総合的にみると出来は間違いなくいい。
面白いし楽しいんだけど、かなり間口が狭い。
実践型チュートリアルを導入したり
乗るべきリズムをもうちょっとわかりやすくしてくれると
もっと多くの人に勧められそうなゲーム。