ひまつぶし

ひまつぶしに書いているブログです。

スターリンク バトル・フォー・アトラスのスターターパックGET! フィギュアの出来がイカす!

f:id:CooRoot08:20190425180500p:plain

スターリンク バトル・フォー・アトラスの
スターターパックが売っていたから購入。
地元のGEOでは予約していなかった上、
気付けば発売まで1週間切っていたので予約は諦め、
しかもスターターパックは初回生産分しかないので
予約できなかったからには絶望的だと思っていた。


・・・が、まさかの大型スーパーに普通に置いてあった。
いまだに売れ残っていたサモンライドと一緒に。
サモンライドで大型の箱ものは仕入れるか不安だったが、
恐れずに仕入れてくれていたことに敬意を表する。

 

 

f:id:CooRoot08:20190425180504p:plain

話が逸れてしまったが、このゲームはニンテンドースイッチ
プレイステーション4、XboxOneでも発売されている。
でも、このニンテンドースイッチ版にはスターフォックスとのコラボが!
箱の側面には しっかりとフォックスが紹介されている専用のもの!

 

 

f:id:CooRoot08:20190425180531p:plainf:id:CooRoot08:20190425180534p:plain

ゲームと連動するフィギュアであるアーウィンもあるが、
ジョイコンとサイズを比較すると割と大きい!
裏側には別のジョイントと接続する部分があるので
完全にとは言い難いけど、その部分以外の作りは非常に細かい。

 

続きを読む

これがアーケードの洗礼!まさに鬼!悪魔!アーケード版 悪魔城ドラキュラ

f:id:CooRoot08:20190422194609j:plain

コナミのアーケードクラシックス アニバーサリーコレクションに
収録されているアーケード版の悪魔城ドラキュラをクリアしたから
簡単に紹介するぞ! まさに悪魔そのものとしか言いようがない内容!

 

 

アニバーサリーコレクションの記事は こちらで。 

 

ちなみに自分の悪魔城経験値は初代のファミコンディスク版とファミコンミニ版、
スーパーファミコン悪魔城ドラキュラ
PSPの悪魔城ドラキュラXクロニクルと月下の夜想曲

 

カウントしていいのか わからないが
Xクロニクルに同時収録されている あくまぢょおどらきゅらXと
メダルゲーム悪魔城ドラキュラ ザ・メダルもやったことある。

 

 

f:id:CooRoot08:20190423175135j:plainf:id:CooRoot08:20190423175137j:plain

オープニングデモでは、まさかのシモンの結婚式から始まる。
が、その最中に花嫁が さらわれたので悪魔城へと助けに向かう
悪魔城にしては異色の始まり方だな!

 

 

f:id:CooRoot08:20190423175201j:plain

操作はシンプル。左右の移動を除けばジャンプとムチ攻撃の2ボタンに
上を入れながらムチ攻撃ボタンでハートを消費してサブウェポン攻撃。
サブウェポンは1ボタンで出せるようになるオプションもある。
ジャンプは下り際に少しだけ調整できるぐらいかな。

 

 

f:id:CooRoot08:20190423175204j:plain

悪魔樹ドラキュラのゴシックホラーな雰囲気は文句無し。
このアーケード版が出た時には すでにファミコンディスク版が出ていたものの、
それらの移植やアレンジなどではなく完全新作。
ステージもグラフィックも音楽も新規。

 

続きを読む

最近遊んでいるゲーム近況。古戦場と100万の経験値

f:id:CooRoot08:20190423002332j:plain

久しぶりにファンタシースターオンライン2へログインしたら
使うと経験値が100万入るというヤケクソじみたアイテムが貰えた。
そのまま使うと上限に引っかかってしまうので
ちゃんと上限開放してから使うべきだが、
こんな大量の経験値を配って大丈夫なのか心配になる。

 

 

f:id:CooRoot08:20190423002412p:plain

グランブルーファンタジーは、ようやく古戦場が終わり。
古戦場を知らない人に説明すると、
プレイヤー同士が集まる騎空団(ギルド)というシステムがあり、
古戦場イベント中に出てくる専用の敵を倒しまくって貢献度を稼ぎ、
その総合ポイントで騎空団同士が競い合う
直接的な戦いはないものの対人戦のようなイベント。


ただし、その開催時間が朝7時から24時までと長丁場な上に
景品が豪華&貴重なのもあって、アイテム目当てなところや
廃人勢は文字通り長時間走り続けることとなる。

 

グランブルーファンタジーには魅力的なキャラは多いが
キャラ同士の掛け合いがあるわけでもなく、
「ただ敵が来たから倒して」だけで新たなストーリーがあるわけでもなく、
文字通り ひたすら敵と戦いまくるだけという単調さ。

なので古戦場に力を入れている騎空団に入っている人ほど
精神的に疲れてくる人が多かったりする。

 

続きを読む