ひまつぶし

ひまつぶしに書いているブログです。

ボウガンで撃つ!ハンドルでリロード!多種多様なシチュエーションを生き抜け!アーケード版ウォーキング・デッド

地元・・・と言うほど近くないけど、
UFOキャッチャーが山のように設置されている中、
ザ・ウォーキングデッドのアーケード版が置かれていた。
筐体の外観からして浮いている。

 

 

ただのガンシューっぽそうだなーと思って覗き込んだところ、
ボウガン型コントローラーに一発で惹かれてプレイを決意。
1プレイ200円だったが、このコントローラーを前にしたら
何度かプレイしたくなるのはしょうがまい・・・。

 

 

200円で1プレイなのだが、
お金を入れてプレイ開始するまで画面は
鉄格子超しに大量のゾンビがお出迎えする
おぞましい絵面で待ってくれる。画像が小さくて申し訳ないが、
背景が写り込みすぎてて切り取るしかなかった・・・。
さすがにゾンビに太鼓の達人のコントローラーが写っていては
ホラー要素が半減してしまう。

 

 

自分のRTAinJAPANシャツが写り込んでいて申し訳ないが、
ゲーム的には普通のガンシューに近い。
コントローラーがボウガンになっているだけで
照準を敵に合わせて引き金を引けば発射。
ヘッドショットの概念はあるので一撃必殺を心掛けたいが
このゲームのゾンビは駆け寄って来たり突然でてきたりするので
配置を覚えておかないとダメージを受けてしまうこともある。

 

 

ボウガンのリロードは左右についているレバーをまわすと行われる。
撃ち切らなくてもできるし、撃ってる最中でもできるので、
腕の負担を考えなければ まわしながら撃ちまくることで
ヘッドショットしなくてもゾンビをハチの巣にして天へ送り返せる。

 

 

点々とゾンビに襲われている人がいるので、
助けると体力が回復、助けられないと体力が減る。
ヘッドショットがここで重要になってきて、
救助対象者を襲っているゾンビはヘッドショットしないと
倒しきれず、最後の抵抗とばかりに救助者を道連れにする。

 

 

ボウガン型コントローラーを採用しているが、
ゲームの進行によっては僅かな間レンチを片手に戦ったり
ボウガンを吹っ飛ばされて素手でゲームが進行したりと
様々なシチュエーションを用意してくれている。
武器はなんであろうがボウガン型コントローラーの
トリガーを引くことで使用できる。

 

 

筐体の上部にはライトがつけられていて、
暗い室内ステージだと暗く、そこから屋外へ出ると
ライトも進行に合わせて明るくなっていく。
ゾンビに襲われている人がいれば赤く光ったりと、
地味に思えるかもしれないが、ゲームに合わせた光が
地味ながらゲームの没入感に一役買ってくれている。

 

 

ハンマーやバールなどの武器もあり、
攻撃すると爆発するドラム缶、爆発矢の換装など
ゾンビをぶっ飛ばす多種多様さ、合間合間に突然でてきては
プレイヤーを脅かしてライフを持っていくゾンビの手ごわさと
ゲームとしての緩急が付いてて1回プレイしたら
友達を呼んで2人で1時間ほど みっちりやってしまった。


欠点は難易度がやや高いことと、
リロードのハンドルまわしが少し重いことだろうか。
それとグロテスクなシーンもあったりするので
そっち方面が苦手な人にも注意。
グロが大丈夫な人なら筐体を見かけたら ぜひ試してほしいゲーム。

最近遊んでいるゲーム近況。ストリート亀忍者ファイター!

ここしばらく忙しくてブログはさっぱり書けなかったが、

しばらくやってなかったストリートファイター5を

またちびちびと再開。以前やってた時は強そうな技を

適当に振り回すだけの頭の悪そうなプレイしかしていなかったが、

今は牽制をきちんと考えた上で頭の悪いプレイをしている。

どっちにしろIQが減っているじゃないか・・・たまげたなぁ・・・。

 

でも適当に振り回していたころよりも、

1つ1つのアクションを考えてプレイしていると

自分の中の感覚が全然違ってて新鮮味がある。

身も心も本田になっていく感じ。

しかし、色々考えてプレイをしているが故に

対空にまで気が全然向いてないのが難点か・・・。

 

 

 

ますますPとは色んなゲームを遊んでいるが、

Teenage Mutant Ninja Turtles: Shredder's Revenge』が熱い。

最大6人までローカル・オンラインCOOPプレイが可能だが

過去作のオマージュに溢れていて、そのうえで新アクションがあり、

コンボも繋げやすく、敵を攻撃していくと溜まるゲージを消費してのメガクラ、

攻撃をキャンセルして回避行動ができたりと

タートルズがシステム的にかなり強い。

 

 

その分、敵が大量に出てくるので如何にこちらの強い行動で

やられる前に敵を叩きのめすかが大事。

メガクラに必要なゲージは挑発を行うことで

一定時間その場から動けなくなるが、挑発が終わると1回分貰えるという

お手軽なメガクラ補充装置になっている。

もちろん適当にやっていると敵に殴られて中断させられてしまうが

それでも2人以上のプレイだと隙を見計らえば十分行えるので便利。

2人以上だとやられてもカウントがゼロになる前に10秒の時間が必要だが

残機消費無し、体力も少しといえど回復させられるので これまたシステム的に強い。

体力もハイタッチで分け合えるのは協力してる雰囲気が出て、これがまたいい。

 

 

ザコ敵もリアクションが細かく、食事してたり料理してたり仕事してたり

タイヤ泥棒してたりと無駄すぎる行動があって

どれだけ作り込んでるのかが気になってくる。

タートルズたちも殴られた時、前か後ろかでリアクションが違うのも凄い。

 

 

 

タイヤを喜んで持っていくが、わざわざコンクリートブロックを置いて

高さにズレが生じないようにする無駄な手際に良さ。

悪の組織だからといって懐事情が良いとは限らないのだろう。

タートルズはいつかレビューしたいかなぁ。

 

ゲーム機のコントローラーを見やすく、取り出しやすく収納! ゲームパッドスタンド

パソコン用の周辺機器類を出している
サンワサプライが新たに発売したゲームパッドスタンドを購入。

 

 

組み立ては台座とパイプを繋げ、
ゲームパッドを乗せるスタンド部分を通して滑り止めのゴムを挟むだけと超簡単。
組み立ててコントローラーを乗せたところがこの画像。

 

 

裏側を見るとコントローラーから伸びるケーブルを
固定するパーツがスタンドと一体化しているので
ケーブルがあってもなくても固定しやすいようになっている。

 

 

ちなみにスタンド部分は360度回転させられるので
自由に取り出しやすいように向きを変えておくもよし、
全部正面に向けて視認性をあげるもよし。

 

 

スタンドはとりつけたあとでも簡単に上下に動かせるので
組み立て終わったあとに「あ、もうちょっと上か下にズラせばよかった!」
なんてことがあっても簡単に修正できる。

 

 

ちなみに一番上はスマホスタンドとなっていて、
ある程度は伸び縮み・斜めに傾けられるようになっている。
値段はこのスマホスタンド付きだと価格は3480円で、
スマホスタンド無しだと2780円になっている。
スタンド付きのを買っても上に付けなければ無しのものと同じなので
予算に余裕があれば後付けでも大丈夫なスタンド付きのを推奨。


やはり実際に使ってみるとコントローラーを1カ所にまとめて、
ケーブルもこんがらがることもなく見やすく収納できるのが便利。
充電が必要なものもケーブルを後ろに固定して充電しながら収納できる。
ゲームパッドスタンド本体も重量はそこまで重くないので
自由に動かしやすいのも利便性が高い。
ただ、一番上のスマホスタンドにヘッドセットを置けない、
置こうとすると流石に角度が変わって落ちてしまうので注意。


言い換えれば欠点はそういう大本の利用から外れた程度のことしかないので
標準的なコントローラーの置き場所として非常に優れた1品。
次はアケコンのような大型コントローラーを収納できるものも
このメーカーに作ってほしいと思わせてくれる。